部屋探しと徒歩表示

部屋探し徒歩表示の規定

不動産会社の徒歩何分表示は、ウソが多いから信用出来ないと、部屋探しでは言われています。本当にそうでしょうか?ここからは部屋探しの徒歩表示が、どうやって求められているか説明します。実は徒歩表示にはちゃんと、明確に規定があります。

「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること。この場合において、1分未満の端数が生じたときは1分として計算すること」1分で80m進むとすると、1秒間に約1.33m進まないといけません。かなりのハイスピードですね。部屋探しの徒歩表示は規定で決まってはいますが、実際に距離を測っているのでしょうか。

測っているわけありません。実際の部屋探しの徒歩表示では、建物も坂道も、信号も全部無視しています。地図を見て直線距離を営業マンの感覚で決めます。このあたりなら、このくらいで着くだろうという具合です。正確なはずはありません。部屋探しをするほとんどの方は、駅から10分圏内で探します。駅から15分の物件もほとんど見向きされません。部屋探しで駅から15分以上の物件はスルーされます。

というかほとんど紹介すらされないでしょう。そこで15分〜20分程度の物件は、部屋探し情報では一律徒歩15分表示にします。最近はインターネットを使っての部屋探しの情報を集めるのが、一般的になってきているので、インターネットの検索条件に引っ掛ける為にこうします。