部屋探しの希望と条件

部屋探しの本当の希望

部屋探しの条件の伝え方についてもう少し詳しく解説すると、自分の希望をそのまま伝えてしまうと、担当者は伝えられた金額ぎりぎりか、もしくは少し安い程度の、家賃の物件を紹介しようとします。契約した物件の1か月分の家賃と同額が、部屋探しの手数料として不動産会社の売上になるからです。

でもあなたの希望は、伝えた家賃より安くなおかつ条件のいい物件ですよね。それでは、これを探すための極意を解説していきます。希望より安い家賃の物件を、部屋探しで紹介してもらう為にはどうするのか。例えば、家賃7.5万までと決めた場合、家賃7.5万までで安ければ安いほうがいいですと伝えてしまうと、7.5万までは家賃が出せると、部屋探し担当者は思ってしまいます。

こうなったら失敗です。基準を作ってしまったので、そこから千円でも安ければ部屋探し担当は安いですよと紹介するようになります。これを避ける為の方法を、これから伝授していきましょう。部屋探しの担当者の基準を、あなたの本当の希望に近いラインで、あいまいに伝えて作ります。つまり6万円台でいい物件はないですか?というように伝えます。この○○万円台が重要なポイントです。

すると部屋探し担当者は、6万円台の金額だけインプットされます。その中で条件に合いそうな物件を探し始めます。部屋探し担当者は、最初に聞いた金額を基準にして、あなたがどの程度まで、家賃が出せるのか推測するものなのです。