部屋探しの条件

部屋探しの条件の意味

不動産会社に行くと席に案内されて、部屋探しの営業マンが来てあなたの担当になります。そしてあなたの部屋探しの条件を聞きはじめます。ここで自分の希望の条件を伝えます。部屋探しで、この最初に話す条件の伝え方が最も重要になりますので、ここから真剣に聞いて下さい。

といっても、普通に話すんじゃダメなの?と、思われるでしょう。ほとんどの方が同じように、こう疑問に思うはずです。そう思いませんでしたか?普通に部屋探しの条件を伝えると、あなたの担当の営業マンはなるべく、あなたの希望に近いものを探して紹介しようとします。当たり前だと思いませんか?部屋探しの条件をそのまま伝えたのですから。

ここから本題です。毎月の家賃は負担を考えて決めると思います。そして決めた家賃の額を、担当者に部屋探しの条件として伝えます。まあ、もうちょっと○○万円ぐらいまでで、安い方がいいです。このくらいは言うでしょうか。でも本当は、希望金額より安くて良い物件が見つけたいと思っていませんか?部屋探しをしようという方なら、誰しもが思っているはずです。

さてここで復習です。普通に部屋探しの条件を伝えると、あなたの担当の営業マンはなるべく、あなたの希望に近いものを探して紹介しようとします、と言いました。という事は、もうお分かりですね。普通に部屋探しの条件を伝えてはいけないんです。希望と離れた物件が紹介されてしまいます。